• Controls Management

TeamMate CM®

  • 制御管理は、簡単な使用と柔軟性に適合

    TeamMate CM は、SOX、A-123、および他の財務報告準拠基準に対処する待望の制御管理ツールです。 高柔軟性設計および動的な作業ビューによって、関連データへの迅速なアクセスおよび単一画面での複数アクティビティの実行が可能になります。 TeamMate CM の主な目的は SOX とその国際的な同等の法律 (A-123 など) に関するもので、 識別、評価、テスト、および認証の報告が必要な他のコンプライアンス管理活動を容易に管理します。

    経験のある制御管理ユーザーからの包括的なアドバイスによって設計、開発され、スタンドアロンソリューションまたは受賞歴のある監査業界の標準である TeamMate 監査管理システムとの滑らかな統合のために使用できます。

    TEAMMATE CM と市場の他の SOX 管理ツールの違いについて

    TeamMate CM は、エンティティ、プロセス、財務諸表勘定間の柔軟な関係を構築し、最大 3 つのレポート構造を使用できます

    プログラムのステップ、問題、コーチングノート、サインオフ、編集履歴などの重要な情報はすべて、データベーステーブルに含まれています。 TeamMate のようなデータベース駆動型システムは、重要な情報をリアルタイムで、チームベースで使用でき、フィルタリングと並べ替えも容易になる、単純なドキュメントベースのシステムよりも強力なシステムです。

    重要な情報は、即座にフィルタリングおよび並べ替えることができます。 例えば:

    • エンティティ/アカウント、プロセス、リスク、コントロールの固定された厳格な階層を無理に使用する必要はありません。 例えば、TeamMate CM 階層は、他の種類のコントロールまたはコンプライアンスのテストに使用できるように設定できます。
    • これらの方法によって、リスクやコントロールの各インスタンスに対するエンティティやプロセスなどの次元間の関係を作成できます。

    TeamMate CM によって、ある次元から別の次元にビューを切り替えて、別の階層からリスクとコントロールを評価することができます

    • TeamMate CM では、動的作業ビューと呼ばれる概念を採用しています。 1 つの画面で、表示されている次元またはデータの視点、または両方で作業するオプションがあります。 別の情報および別の視点を参照するために、画面を変更する必要はありません。
    • 最大 6 つのユーザー定義次元を使用できます (例: 組織階層、プロセス、勘定、システム、場所)。
    • コントロールとさまざまな次元間の関係を作成できます

    全体的なコントロール評価に興味がある場合、データ上のさまざまな視点を使用して関連する詳細事項を表示できます。識別された各制御に関連する詳細が表示されます。 自己評価終了のステータス表示が必要な場合、開いた画面のまま自己評価レビューの視点に移ります。 使用可能な次元内での視点を変えることにより、最適な視点を発見します。

    TeamMate CM を使用することで、コントロールの情報を更新して、評価内のそのコントロールのアクティブなインスタンスにその変更を適用できます。

    多くの組織では、平均 2,500 のコントロールを抱えています。これらを四半期ごとにテストすると、10,000 インスタンスを処理する必要があります。 組織の複数の領域で使用されているコントロールを編集する必要があり、最初の四半期にコントロールがわずかに変更されたことが判明した場合を想像してください。 これらの更新を個々に実行する必要があるとしたら、どれだけの更新が必要になるでしょう?

    認証は固定されたワークフローではありません

    • 認証ステートメントを設計する場合、複数の署名者ごとに複数の認証が必要な 1 つの評価を作成できます。
    • 各署名者は、電子署名を行うか、印刷して物理的に署名して認証を添付するか、またはこれらの両方を選択できます。